ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクのある看護師が再就職する時の就職先は?

ブランクのある看護師が再就職する時の就職先は?

ブランクがある看護師さんが再就職を考える時に「どんな就職先にしようかな(。´・ω・)?」という悩みを持ちます。確かに看護師としての仕事にブランクがある場合、どんなところへ再就職したらいいのか悩みますよね。

そして就職先によってはブランクが大きく関係してくるところとそうでなくブランクを感じさせずに働くことができるところもあります。そうしたところを見極めてブランクがあっても再就職した後にあなたらしく働くことができる就職先を見つけていきましょう!

また再就職する就職先を探す時にはどのような看護をしたいのかということもあなたが決めておくべきことです。「看護師だったら何でもいいや|ω・」」という気持ちで再就職してもきっと仕事に楽しみが見つかりませんよ( ゚Д゚)

働くなら、充実していた方がいいですもんね(´艸`*)♡

ブランクのある看護師が再就職する時の就職先が病棟だったら?

ブランクがある看護師が再就職をする時に就職先の候補として病棟が挙げられます。病棟は急性期から慢性期など機能別に分類されます。もしブランクがあっても病棟へ再就職したいと思っているのであれば、病棟の中でも比較的ゆったりと時間が流れている慢性期や回復期の病棟をお勧めします。

急性期の病棟には命に関わるような重症の患者さんが運ばれてきます。また手術を必要とする患者さんもたくさんいます。そうした病棟としてはブランクがある看護師よりは即戦力になる看護師が欲しいのです(´・ω・`)

急性期の病棟ではブランクがある看護師よりは即戦力になる看護師が欲しいのです。

「じゃあブランクがある時は就職先に急性期の病棟は選んじゃいけないわけ(# ゚Д゚)?」と思ったあなた、看護知識や技術に自信があるなら大丈夫ですよ(´◉◞౪◟◉)しかし、忙しくバタバタとしている環境ではなかなか時間をかけて先輩看護師が教えてくれるというわけではないのでそこを理解しておきましょう。

忙しくバタバタとしている環境ではなかなか時間をかけて先輩看護師が教えてくれるというわけではないのでそこを理解しておきましょう。

では慢性期と回復期の病棟がなぜお勧めなのかというところですが、急性期と比較しても高度な医療処置をしていないため看護師としても知識や技術がそれほど高度なものを必要としないためです(*’ω’*)

「何だって~それは楽だわ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と感じたあなたにお伝えしなければいけないのは…慢性期や回復期は日常生活の介助が多いということ!!ということは看護師の業務もありますが、入浴などの日常生活の介助も看護師が行っているということです。

もちろん介護士も配置されていますので主に介助を行うのは介護士になりますが、実際には看護師も介助をしていることも理解してくださいね。「そんな仕事はしたくないの!私は看護師がしたいの!」と思っている場合にはやはり急性期の病棟がお勧めです(=゚ω゚)ノ

私は看護師らしい仕事がしたいの!と思っている場合には急性期の病棟がお勧めです。

ブランクのある看護師が再就職する時の就職先が外来やクリニックだったら?

では外来やクリニックを就職先と考えている場合にはどんな感じなのでしょうか(。´・ω・)?ブランクの理由には様々なことがありますが、中には子育てをしている、空いた時間だけ働きたいという看護師さんもいますよね。

そうした場合には再就職する際の就職先は外来やクリニックがお勧めです。外来やクリニックは基本的に日勤だけの勤務です。ただ、透析を専門としているクリニックでは夜間透析の勤務もありますので事前に調べておきましょう( ..)φ

外来やクリニックではほとんどの場合、医師の診察のフォローをする業務になります。また外来やクリニックの規模などにもよりますが、採血や点滴などの基本的な看護技術を行うこともあります(´・ω・`)

外来やクリニックではほとんどの場合、医師の診察のフォローをする業務になります。

ブランクの期間やブランク前にどのような看護師の経験があったかによって採血や点滴ができるかどうか、技術に自信があるかどうか変わってきます。ブランクの期間が長ければ長いほど技術に不安を持ってしまうものですが…

もし自信がないのなら再就職前のセミナーに参加してみませんか(。´・ω・)?そのセミナーでは最新の看護技術や知識について実践をしながら学ぶことができます。

また進化が著しい医療機器に関してもセミナーで触れることができます(*^^)v外来やクリニックではあまり医療機器に触れることはないかと思いますが、参考までに知っておくと役立ちます(´・ω・`)

ブランクのある看護師が再就職する時の就職先が介護施設だったら?

ブランクがある看護師が多く再就職しているのが介護施設の仕事です。なぜ介護施設を就職先に選ぶのかというと勤務ベースが日勤であること、それほどレベルの高い看護の知識や技術を必要としないことが挙げられます(。-`ω-)

確かに介護施設では夜勤をしている看護師はそれほど多くありません。実際に夜勤をしなければならない施設としては老健がありますが、他の施設やデイサービスなどを選べば夜勤なしの日勤だけになります。

そして看護師の仕事内容もブランクがあまり関係ない感じのものになります。介護施設では看護師の業務として健康管理や軟膏などの処置、経管栄養の対応などを行っています(´・ω・`)

健康管理は体温や血圧の測定などをすること、軟膏の指示がある時には軟膏を塗布する、褥瘡の処置をする、経験栄養を指示通りに行うことなど正直看護師で経験があるなら対応できる範囲のことですよね(=゚ω゚)ノ

健康管理は看護師で経験があるなら対応できる範囲のことですよね。

また介護施設では嘱託医がいるケースが多く、体調面などで不安がある時には相談することができます。そして病院とは異なり医師が常にいるわけではないため、急変時には救急搬送をする形を取ります。

今まで経験があるのであればそれほど不安を感じずに看護師の仕事ができるのでブランクがある看護師にとって働きやすい環境になりますよ(´◉◞౪◟◉)

ブランクのある看護師が再就職する時の就職先が訪問看護だったら?

「訪問看護師をしたい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」と考えている方もいますよね。訪問看護を行う看護師は利用者さんの自宅を訪問し、看護をします。ということは1人で判断し、1人で看護技術を行うことができないとダメ、ということになります(`・ω・´)ゞ

どうですか?できそうですか?もし「できそう(´・ω・`)」と思った方はぜひ訪問看護の仕事を再就職の時の就職先にして下さい(´◉◞౪◟◉)「できそうだけど不安…」という方は再就職後にしばらく先輩看護師が同行してくれる訪問看護ステーションを選びましょう。

ちなみに訪問看護は夜間の緊急時対応をしているところもあります。そうしたところに再就職する場合、呼び出しに対応できる人でないと難しいです(。-`ω-)子育て中の場合には避けた方がいいかもしれません。それか夜間の呼び出しがないところを選択するようにしましょう(*'ω'*)

子育て中の場合、夜間の呼び出しがないところを選択するようにしましょう。

まとめ

ここまでブランクがある看護師の就職先について4つのパターンに分けてまとめてきました(`・ω・´)ゞいかがでしたか?

「そうそうそう思っている(`・ω・´)」「ブランクがあるけどこうしたところに再就職したらいいのか(´◉◞౪◟◉)」と感じていただけたら嬉しいです。

そして再就職を考えているあなたにおすすめなのが転職サイトを利用した就職先探しです。「転職サイトって転職の時だけじゃないの(。´・ω・)?」と思いますよね?しかし転職サイトは転職だけではないのです!!

「ブランクがあるけど病棟に再就職できるかな(´・ω・`)?」「日中だけ働きたいんだけど(´◉◞౪◟◉)」と思っているあなたの場合には転職サイトを利用することでより希望の条件に合った再就職先を見つけることができます!転職サイトでは転職コンサルタントというあなたの担当がついてくれます(´艸`*)そのため何でも相談に乗ってくれます!そして希望する再就職先へ先に入職した先輩看護師さんから人間関係などの情報を得ていますのでよりイメージしやすくなりますよ(*^^)v

ブランクがあるけど再就職したい、けど就職先が分からないというお悩みを持っているあなた、ぜひ転職サイトを利用しての再就職探しをしてくださいね(´・ω・`)

再就職したいけど就職先が分からないというお悩みを持っているあなた、ぜひ転職サイトを利用しての再就職探しをしてください。

転職サイトランキングを見る