ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

子育てでブランクがある看護師さんの再就職はどうしたらいいの?

子育てでブランクがある看護師さんの再就職はどうしたらいいの?

妊娠・出産を機に退職した看護師さんも多いですよね。また育児休業明けに一旦復帰したけれどやっぱり子育てに専念したいと思って退職したというケースも結構あります。

子育てでブランクがある場合には大きく分けると「子供が1歳になった時に復帰する(再就職する)」というパターン、「子供が3歳になり幼稚園や保育園に入るから再就職する」というパターン、「子供が小学生・中学生・高校生になって子育てがひと段落したから再就職する」というパターンの3つに分けられます。

ここではこれら3つのパターンについて「どのようなところに再就職をするといいのか」「再就職をする時にはどんなところに気を付けるのか」ということについてまとめていきます。

あなたの子育てによるブランクの期間と合わせて読んでみて下さいね(/・ω・)/

子育てによるブランクが1年の場合の再就職は?

毎日の子育て、お疲れ様です(o*。_。)o1歳までの子育てはとても大変ですよね。思うような生活ができず、つらい日もありました(´・ω・`)しかし1歳を迎えるにあたり、看護師としての仕事へ復帰するまたは再就職をすると考えている人もいますよね。

もし育児休業中で復帰をするのであれば特に再就職先を考えることはないので大丈夫かと思います。育休明けの場合には大体夜勤免除になるところが多いので病棟ではなく外来に復帰することが多いです(`・ω・´)ゞ

では妊娠・出産でいったん退職をしたケースはどうでしょうか。再就職先を探すことになりますが、ブランクの期間が1年であることを考えると病棟でも外来でもクリニックでもどこでも働くことができるレベルです。

レベル的にはどこでも大丈夫とはなるのですが、1歳の子供を抱えて病棟で夜勤もバリバリするというのは家族の協力がなければ無理です( ゚Д゚)となるとやはり外来やクリニックなどの日中のみの勤務ができるところがお勧めです。介護施設やデイサービスなどの介護関係も日中の勤務のみであることが多く、残業もほぼありませんので再就職先の候補へ入れてみては。

「それでも病棟がいい(。-`ω-)」というあなたの場合には、夜間保育をしている託児所が併設されている病院を再就職先として選ぶのをお勧めします。

夜間保育をしている託児所が併設されている病院を再就職先として選ぶのをお勧めします。

復帰または再就職にあたり必ずしておかなければならないことは突然の呼び出しに対応できるか、急な休みが起こってしまった時の対応ができるかということです。

頼る家族がいるのであれば大丈夫ですが、そうでない場合には病後児保育やファミリーサポートなどを再就職前に探しておき、登録をしておくことをお勧めします(´・ω・`)

急に利用できるものではないのでしっかりと預け先を確保した上で、再就職をしましょう。また病後児保育が併設されている病院や介護施設も多くなっています。

子育てによるブランクが3年の場合の再就職は?

子供が3歳になり、幼稚園や保育園に行くことになった、空いた時間で看護師として働きたいと思っているあなたや、家族の協力があるからフルタイムで再就職したいと思っているあなた、どこへ再就職したらいいのか悩みますよね(。´・ω・)?

「10時から15時までの短時間でも看護師として働くことができるのかな(・・?)」と不安になることもあるでしょう。もし短時間で働きたいのであれば病院の外来やクリニック、介護関係がお勧めです。

短時間で働きたいのであれば病院の外来やクリニック、介護関係がお勧めです。

子育てのためのブランクになる前にどのような看護師の経験があるかどうかにもよりますが、ブランクの間に知識や技術は進化していますので病棟でバリバリとはいかないものです。そうなると今までの看護師経験を生かす、または看護師としての基礎知識を生かすという面では外来などへの再就職は抵抗が少ないものです(´・ω・)

またブランクが1年のケースでもまとめましたが、子供が幼稚園や保育園に入園したての頃は体調を崩すことが多いのでその時の預け先をしっかりとキープしておくことも忘れずに(。-`ω-)

子育てによるブランクが6年以上の場合の再就職は?

「子供が小学生になった」「中学生になった」「高校生になった」ため再就職を考えているあなたの場合には病棟でも外来でもクリニックでも介護施設でもどこへでも再就職をすることができます。

ブランク前の経験している期間、子供が何歳かにもよりますが周りの協力やあなた自身がどういう働き方をしたい、どのような看護をしたいのかで再就職先を決めると良いです(。-`ω-)

しかしブランクの期間が長いというデメリットがあります。病棟へ再就職したいと思ってもレベルは新人と同じだと思ってくださいね(`・ω・´)これは経験があるかないか関係ありません。

小学生になったというケースで考えてもブランクが6年になります。6年も看護師の仕事から離れていたら看護の知識や技術は即戦力のレベルではありません…そして採血や点滴などの道具を始め医療機器などの医療の進歩もありますのでそれを考えたら新人レベルであるのも頷けませんか(。´・ω・)?

6年も看護師の仕事から離れていたら看護の知識や技術は即戦力のレベルではありません…

厳しいことを言ってしまいましたが、病棟で勤務をすることを前提にした話です。もしブランクを感じさせないで働きたいのであればそれほどレベルの高い知識や技術を必要としないクリニックや介護施設への再就職がお勧めです。

別にこれらの職場が看護師のレベルが低いわけではなく、ブランクがあっても比較的なじみやすい職場であるということですのでもし働いている看護師さんが見て気を悪くしたら申し訳ありません(o*。_。)o

まとめ

子育てによるブランクがある看護師さんの再就職についてまとめてみましたがいかがでしたか?子育てによるブランクを大まかに3つに分けてまとめてみました。

これ以上のブランクがあるケースもあります。また子育てのブランク前に看護師としての経験がどれくらいあってどんな看護経験があるのかでも再就職先は変わってきます(‘ω’)

そんないろいろなケースでの再就職を成功させるためには転職サイトを利用してみて下さい。転職サイトは転職をする時だけに役立つのではなく、子育てによるブランクがあるあなたにもとても参考になるものです。そして自分の希望に合った再就職をするために有効です(‘ω’)

転職サイトを利用するとあなたの担当の転職コンサルタントがついてくれます。その転職コンサルタントに「子育てのブランクがあって日中のみで働きたい(´・ω・`)」「子育て中だけど病棟でバリバリキャリアを付けたいの!」などの相談をすると、日中のみの勤務ができる再就職先や夜間の託児もしている病院などあなたの希望にぴったりの再就職先を見つけてくれます。

あなたが自力で希望通りの再就職先を探すのは子育てをしながらになるととても大変です(´・ω・`)そうした手間もなくなりつつ希望の再就職を見つけることができる転職サイトを利用して効率よく希望通りの再就職を叶えて下さいね(^_-)-☆

転職サイトを利用して効率よく希望通りの再就職を叶えて下さいね(^_-)

転職サイトランキングを見る