ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

看護師としてのブランクがあるけど精神科で働きたい!

看護師としてのブランクがあるけど精神科で働きたい!

看護師としてのブランクがあるけど、また看護師として働きたい!と思っている方、多いですよね。ブランクの理由はそれぞれですが、また看護師として働きたい、と思う気持ちはとても大切です(^^♪

そんな中、「精神科の看護師として働きたい(´・ω・)」と思っている方、いませんか?ここでは精神科の看護師の仕事って何(。´・ω・)?というところから精神科経験がある・ないに分けてまとめていきます!

精神科の看護師の仕事あれこれ

「そもそも精神科の看護師の仕事って何(。´・ω・)?」と思っているあなたのために精神科の仕事についてまとめていきます('ω')ノ

精神科は身体的な疾患ではなく、うつ病や認知症などの精神疾患の患者さんの治療をする科です。そのため、内科や外科などの身体的な疾患を中心に治療する科よりも患者さんの変化を察知する能力やコミュニケーション能力などが求められます(´・ω・`)

人の話を聞くのが苦手、という方には正直向いてないのが精神科です。また患者さんが疾患ゆえの暴言を吐くこともあります。またネガティブなことを言われる場面も多いのですが、そうしたこととしっかりと向き合える精神力も必要です(´◉◞౪◟◉)

患者さんにネガティブなことを言われる場面も多いですが、しっかりと向き合える精神力も必要です

また、精神科ではレクリエーションを行っているところも多く、看護師もそのレクに参加します。患者さんと一緒に楽しむことができることは精神看護のポイントですよ~。また処置などに追われずに患者さんと向き合えるのも精神看護ならではです(*´з`)

精神科の経験がないブランクがある看護師の場合

精神科以外の科の経験はあるけどブランクがある看護師が精神科で働きたいと思う場合、どんな感じなのでしょうか?ここでは病棟と外来やクリニックの場合に分けてまとめていきます!

病棟の場合

精神科というと特別な診療科のイメージがありますが、どうですか(。´・ω・)?しかし精神科の求人を見ていると「ブランクがある方でもOK}となっていることが多いです!

精神科は内科や外科などの診療科とは異なり、看護技術うんぬんよりも患者さんにしっかりと寄り添えるかがポイントになる科です。そのため、ブランクがあって「採血とか点滴に自信がない(´;ω;`)」という方の場合でもそれほど不安なく入職ができます(^_-)-☆

自信を持つことが大事?

しかし何度も言いますが、精神科はより専門性の高い診療科になります。そのため、ブランクがあり看護技術に不安がある方が入職しやすい反面、しっかりとスキルアップのための勉強を継続して行うことが必要です( ゚Д゚)

精神科専門の病院の場合、精神看護についての勉強会や研修、看護協会などが主催する学会への参加を積極的に行っているところも多くあります。また精神科未経験の場合、プリセプターを付けてフォローしてくれるところもあります。

そうした病院を選択することが、ブランクがある看護師でも精神科で安心して働くことができるポイントになってきます。

外来やクリニックの場合

では精神科の外来やクリニックを選んだ場合はどんな感じでしょうか(。´・ω・)?大体のところは病棟の時と変わりません。しかし精神科という診療科であるがゆえに、外来でもクリニックでも精神科を受診する患者さんの疾患の概要や、精神看護のスキル、とっても重要ですよ!

そのため「精神科なら採血や点滴もなさそうだし、簡単なんじゃないかな~」という気持ちで入職すると大変です。採血や点滴などの看護技術は何度も行っていくうちにカンを取り戻すことができそうですが、精神科未経験による知識の部分は不十分です(´・ω・`)

精神科が楽そうだと思ったら大間違い!

そのため、外来やクリニックの場合でも、しっかりと精神看護についてフォローしてくれる職場を選ぶようにしましょう(´・ω・`)

精神科の経験があるがブランクのある看護師の場合

ブランク前に精神科の経験があるよ~という方の場合は話が早そうです('ω')ノ何年経験があるかにもよりますが、精神科の看護師をしていた経験があるなら、ブランク明けの就職でも同じく精神科であればそれほど不安なくイケるかもしれませんね(´◉◞౪◟◉)

しかしその精神科の経験がどれだけあるのか、というところでも大きく変わってきます。精神科の経験年数とブランクの年数によっては経験がなかったものとして考える必要があることも理解しておきましょう( ..)φ

まずはブランクの期間から考えてみます。ブランクが1~2年の場合、それほど看護師としてのスキルの衰えはないでしょう。そのブランクになる直前が精神科だった場合、精神科の病棟でも外来でもクリニックでも不安なくやっていけそうです(´◉◞౪◟◉)

同様にブランクが1~2年、ブランク直前に精神科以外の診療科だった時は、もう一度精神看護の再学習が必要です。また精神科の経験がブランク直前にあるがブランク期間が3年以上あった場合も同じく精神看護を学びなおしましょう(。-`ω-)

「結局どうなんだよ(# ゚Д゚)」となりそうですが、ブランク期間が1~2年、ブランク直前に精神科で働いていた方以外は精神科の経験があったとしてももう一度精神看護の学習をし直す必要があります(´・ω・`)

もう一度学習し直しておけば、精神科に入職した時にも安心ですよね。もちろん、ブランク明けで中途入職する方のための教育体制がしっかりと整っているところを選ぶようにしましょう(。-`ω-)

精神科の看護師には、学習力が必要です!

まとめ

ここまでブランクがあるけど精神科の看護をしたいということについてまとめてきましたが、いかがでしたか?内科や外科などとは違う精神科ならではのやりがい、見つけられそうですか?

もしあなたが「ブランクがあるけど精神科の看護師として働きたい!」という気持ちなら転職サイトを利用して精神科の求人を探しましょう(。-`ω-)

精神科未経験の場合でも入職後のフォロー体制がバッチリなところをあなたが探すとなると大変です。しかし転職サイトなら転職コンサルタントがあなたの条件にあう職場を探してくれます!

なかなか聞けない内部の本音も先に入職した方から情報を得ていますので、実際の様子が分かります(´・ω・`)「こんなんじゃないはずなのに~(´;ω;`)」とならないよう、ぜひ転職サイトと転職コンサルタントを活用して精神科の看護師として活躍してくださいね(*'ω'*)

転職サイトと転職コンサルタントを活用して精神科の看護師として活躍してください!

転職サイトランキングを見る