ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクがある看護師の再就職って難しいの?

ブランクがある看護師の再就職って難しいの?

ブランクがある看護師にとって再就職の時、何がネックになってくるのでしょうか(´・ω・`)また何をしておけば再就職がスムーズにできるようになるのでしょうか。

ブランク理由が子育てや病気の場合で考えてみました(=゚ω゚)ノ

子育てによるブランクがあるが、再就職をしたいと思っている看護師の場合

子育てによるブランクが1~2年程度

妊娠や出産に伴い、看護師の仕事を退職した人、いますよね。子育てを楽しんでいたものの「やっぱり看護師の仕事がしたい(。-`ω-)」と思って再就職を考えている人、「経済的に厳しい…保育園に入れて仕事ができればいいな」と考えている人などそれぞれです。

再就職を考えている人の理由は、人それぞれです。

例えば子育てによる看護師のブランクが1~2年であればそれほど戻った時に影響はないです。ブランク前にどのような看護師業務をしていたかにもよりますが、大体の看護に関しては覚えているのでは。

そのため再就職を考えた時には看護の知識や技術面での不安よりもどのような働き方(フルタイム?パート?)の方が悩みの種になります(;´Д`)

子育てによるブランクが3年以上

看護師の世界では「3年看護師の仕事から離れていたら一から勉強をし直せ」とも言われています。「えー厳しくない(。´・ω・)?」と感じる看護師さん、手を挙げて下さい(=゚ω゚)ノ

はい、多くの看護師さんから手が挙がりました~って皆さんに実際に聞いていないから分かりませんけど(笑)確かに3年以上のブランクでは新しい治療法や治療用の器具なども新しいものがたくさん出ていそうです。

そうなるとやっぱり厳しいですよね(´・ω・`)3年以上のブランクがあるなら看護の知識や技術を再就職前に最新のものにアップデートしておくことが必要です!!

看護の知識や技術を再就職前に最新のものにアップデートしておくことが必要です。

病気によるブランクの場合は?

子育てだけがブランクの原因ではありません。例えば病気をしてしまい、やむなく退職したが治療を受けて働くことができるところまで回復した、持病があるが無理しない程度で働きたいと思っている場合の再就職はどんな感じなのでしょうか(。´・ω・)?

病気が何かによりますが、第一に身体に負担がないようにしてもらいたいです。身体が基本であり、なおかつ看護師は元気な人と関わるだけではありません。

そこを理解しておきましょう。「働きたい」と思った時にはまず、主治医にどの程度働いていいのか確認してくださいね(´艸`*)そしてその指示を守ること。

無理して働いて「やっぱり無理です…(´;ω;`)」となると再就職した先の勤務先にとっても迷惑をかけることにもなります。そしてあなた自身も「やっぱり働けないのかな…(´・ω:;.:…)となるかもしれませんからね。

無理して働いて辞める事になるといけませんからね。

ブランクのある看護師が働きやすい職場には何がある?

子育て中の場合は?

ブランクの年数により働きやすい職場が変わります。ブランク前までどのような職場で働いていたのかで変わってきますが、1~2年のブランクでは病棟に戻るのも大丈夫です。

しかし子育てによるブランクの場合、1~2年であれば子供がまだ小さいですよね(´・ω・)小さい子供と言えば急な発熱などによる呼び出し、急な休みなどがあります。

そうした時に快く送り出してくれる職場であることが求められます!忙しい職場であれば「また呼び出し!?( `―´)ノ」という状況にもなりかねません。また看護師の人数が少ないクリニックだったら…「休みはだめだからどうにかして出勤してね♡」と言われる場合も…。

「じゃあどこで働けばいいんだよ(# ゚Д゚)」とガチで怒った人いますよね。そうしたあなたには看護師が多い職場を選択するのをお勧めします。

看護師が多い職場を選択するのをお勧めします。

後はどのような仕事をしたいのかにもよりますし、病棟であれば夜勤もセットになってくることが多いためあなたがどうしたいかで再就職先をピックアップしましょう。

ブランクが3年以上の場合にはほぼ新卒と同じであると言えるので、どこでも働きたいと思ったところでいいのでは。しかし、子育て中であるのであれば子供の年齢に合わせた選択をしないと(#^ω^)されることもありますのでご注意を…

病気によるブランクの時は…

病気によるブランクの場合にはあなたの体調に合った再就職先を選択しましょう。また働く時間も持病が悪化しないような程度になるように調節できる職場がいいですよね。

介護施設での看護師はどちらかというと短時間のパートも多く募集しています。また施設によって業務内容は変わってきますが、看護師が健康管理をするだけのところもあります(´◉◞౪◟◉)献血センターや人間ドックの施設の看護師も負担がそれほどなく働くことができますよ。

献血センターや人間ドックの施設の看護師も負担がそれほどなく働くことができますよ。

そうしたところへ再就職をすると持病を抱えながらでも働くことができるのではないでしょうか(´・ω・`)

まとめ

ここまでどうでしたか?ブランクがある看護師の再就職について何かタメになりましたか(。´・ω・)?ブランクの理由はや期間は人それぞれ。けれどそのブランクを後ろめたさにするのではなく、「また勉強ができる」「看護師ができる」というポジティブ要素に変換していくことができる人なら絶対にやっていけます!!

そして再就職をするにあたり「ブランクがこれだけあるけどどうかな」「こんな働き方をしたい」などのあなたが持っている希望に合った再就職先を探すためには転職サイトを利用してみては。

転職サイトはあなた自身が再就職先を探すときの情報よりはるかに多い情報を持っています。転職サイトには転職コンサルタントがいて、再就職した看護師から人間関係などの内部の情報を入手しています|ω・)

そのためよりあなたに合った再就職先を見つけることができるのです。また再就職先を探す時間や手間がかからないのも転職サイトや転職コンサルタントの強みです。

転職コンサルタントはあなたの担当としてついてくれますので相談しやすい(´◉◞౪◟◉)♡「こんなわがまま聞いてくれる職場あるのかな?」ということまでぜひ相談してみて下さいね。

そしてあなたにとって輝ける再就職先が決まるように活躍してくれますよ(´艸`*)

転職コンサルタントはあなたの担当としてついてくれますので相談しやすい。

転職サイトランキングを見る