ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクのある看護師がパート勤務をする場合ってどんな感じ?

ブランクのある看護師がパート勤務をする場合ってどんな感じ?

ブランク期間や再就職先によっても不安の大きさは変わってくるでしょう。再就職には病院の外来であったり、クリニックや介護施設であったり、夜勤パートなどがあります。

ブランクがある看護師にとって看護技術は悩みの種ですが、子育て中でパート勤務を希望している場合にもその再就職先が適切なのかという不安もあります。

そしてブランクがあるから再就職はパートからにしようと思っている人も多くいます。フルタイムで働くにはブランクがあって不安、パートから始めて大丈夫そうならフルタイムへと考えている人も多くいますよ。

例えばフルタイムで働く病棟勤務では夜勤勤務もセットです。そうするとブランクがあることで慣れるまで時間がかかるのと同時に不規則な勤務により体調を崩してしまうこともあります。

病棟は求められる看護技術も多くなります。採血や点滴はもちろん、患者さんの観察などたくさんのことをしなければなりません。ブランクを取り戻すまでに時間がかかることに加えて不規則勤務をしていたら追い詰められてしまいそうです。

また子育て中の看護師の場合には協力者がいないとフルタイムは難しいです。そう考えるとパート勤務ができる病院の外来やクリニック、介護施設などを再就職先に選択するのがベストになります。

ブランクのある看護師が病院の外来にパートとして再就職した場合

ブランクがある看護師が病院の外来にパートとして再就職した時、どのような感じなのでしょうか。それまでのブランク期間やブランク前の勤務先によっても変わってきます。

ブランクが1年未満であればそれほど不安なく再就職可能です。また病院の規模にもよりますが病院の外来では採血や点滴などが採血室や点滴室で行われていることが多く、外来では診療の補助が主な業務であるならブランク期間が長くてもそう不安なく再就職することができます。

どの外来でもパート勤務では午前中の忙しい時間帯をカバーする役割が多くなります。その業務としては患者さんの血圧を測定する、問診をする、診察時の衣類の介助を行うなどがベースになり、看護技術はそれほど要しません。そう考えるとブランクがある看護師にとって病院の外来にパートとして再就職するのはそれほど不安を持たなくても良いと言えます。

パート勤務は簡単な作業がメインです。

また病院の外来は看護師が比較的多くいます。子育て中で夜勤ができない看護師がパートとして多く働いています。実際、突然の休みや早退にも快く対応してくれるところが多いので、子育て中の看護師に向いています。

ブランクのある看護師がクリニックのパートとして再就職した場合

ブランクのある看護師がクリニックへパートとして再就職した時はどのような感じなのでしょうか。クリニックでは病院の外来とは異なり採血や点滴やらを看護師が行っているところが多いです。

そのため、採血や点滴のような最低限の看護処置ができないと難しいです。例えば「採血ができないから代わって欲しい」と思っても看護師が少ないクリニックでは難しくなります。

「採血ができないから代わって欲しい」と思っても看護師が少ないクリニックでは難しくなります。

ブランクがあってクリニックへパートとして再就職することになったら再就職セミナーに参加し採血などの基本的な看護技術を見直し、出来るようにしておきましょう。

パートとして働きたい子育て中の看護師の場合には、看護師が多くいるクリニックを選択しましょう。「熱が出た」などで急に休まなければならない、保育園から迎えの電話が来たなどというのは子育て中にはどうしても付き物です。

看護師が少ないクリニックではそうした時に早退や休みを取ることが難しいです。また迷惑になることもあります。パートだからと言って甘えられるわけではないため、勤務時間内はしっかりと働けるようにすることが求められます。

ブランクのある看護師が介護施設のパートとして再就職した場合

介護施設にパートとしてブランクのある看護師が再就職した時は特に看護技術で困ることはないような気がします。例外としては医療ニーズの高い高齢者が入所するような施設だと看護技術が求められますが…

介護施設は基本的に連携している病院や嘱託医がいます。体調の悪化や急変があればそれらの指示をもらう、受診することができます。採血や点滴を必要としてもほとんどの場合、受診しての対応となります。そのためブランクがあっても比較的業務をしやすい環境になります。

介護施設は基本的に連携している病院や嘱託医がいます。

パートとして働きたい子育て中の看護師の場合にはどうでしょうか。介護業界が置かれている環境として看護師はもちろん、介護職も慢性的な人員不足です。看護師は必要最低限の人数配置の施設が多く、急な休みや早退の時に代わりの看護師がすぐに見つかるかと言われると難しいです。

そして何よりもパート勤務でもイチ看護師としてカウントしています。そのため子供がまだ乳幼児で保育園からの呼び出しがあるというような場合には避けるのが無難です。

まとめ

ブランクがある看護師が再就職する時に不安になりそうなことについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。ブランクがある場合にはパートからと思い再就職する看護師も多くいます。

しかしそのブランクがゆえに再就職先がどのようなところがいいのかなど悩むこともありますよね。そうした時に助けになるのが転職サイトです。

転職サイトでは再就職先を自分で探す時に得られる情報の何十倍もの情報を得ることができます。それは担当の転職コンサルタントが付いてくれるためです。

転職コンサルタントに「採血とかに自信がないから看護師が多いところでパートとして働きたい」「子育て中だからパートとして」などの希望を伝えることで適した再就職先を探してくれます。

また先に入職した看護師からも人間関係などの情報を得ているのが転職サイトの強みです。自分で再就職先を探す時には得られない情報です。

もしブランクがあるけど再就職をパートでしたいと思っている看護師がいたらぜひ転職サイトを利用してみてください。

再就職をパートでしたいと思っている看護師がいたらぜひ転職サイトを利用してみてください。

転職サイトランキングを見る