ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクがある看護師がオペ室への再就職を希望した時

ブランクがある看護師がオペ室への再就職を希望した時

ブランクがある看護師さんが「オペ室の看護師として再就職したい(。-`ω-)」と考えて再就職先を探す時には何をポイントにしたらいいのでしょうか。

まずはブランク前にどのようなところでの看護師経験があるのか、ブランクはどのくらいの期間あるのか、ブランクの理由はどうなのかなどなどがポイントになってきます。

その中でどうやったらオペ室の看護師として再就職できるのかということを一緒に考えていきましょう。

子育てによるブランクがある看護師さんがオペ室に再就職する時

子育てによるブランクは1~2年間のブランクとそれ以上のブランクによって変わってきます。それは看護師のブランクで3年以上空いたときは新卒の時と同じようにもう一度勉強をし直さなければいけないとされているからです(ノД`)・゜・。

1~2年間のブランクであればそれほど医療や看護についての知識や技術、機器などに大きく変化はありません。しかしブランクになる前にオペ室で働いていたという経験があれば再就職後でもスムーズに働くことができますが、オペ室経験がなければ一から勉強をし直すことが必要になりますよね。

そして3年以上のブランクがある看護師さんの場合、もしブランク前にオペ室の看護師として働いていたという経験があったとしてもまた勉強をし直すことが必要です(。-`ω-)

もちろん基本的な知識は頭に入っているので新しい治療方法や術式、機械などについてもう一度勉強しなおすことでアップデート完了!ですよね。

子育て中の看護師さんの場合には注意しなければならないところがあります。オペ室の看護師が一度手術に入ったら簡単に交代することができません。なので子供が熱を出したなどで早退しなければならないという時に対応できるかどうかは難しいと思っているべきです。

一度手術に入ったら簡単に交代することができません

そしてオペ室の看護師は担当する手術の患者さんの事前訪問をしています。そのことで患者さんに安心感を与えているのですが、もし急に看護師さんが交代していたら不安になりますよね(´・ω・`)

ブランクうんぬんよりもそのことを気にしてオペ室への再就職を考えることがポイントですよ(´・ω・`)

病気によるブランクがある看護師さんがオペ室に再就職する時

看護師さんのブランクの理由には病気という場合も多くあります。腰を痛めた、うつになった…様々な病気があります。その病気が完治しているのかそうでないのか、オペ室での働きに耐えることができるのかということをしっかりと考えましょう(´・ω・`)

まずオペ室の仕事は基本立ち仕事です。どのポジションで介助をするのかによって変わってきますが、医師の介助を直接する看護師だったらオペが終わるまで離れることができません

間接的な介助をする看護師の場合でも気軽にオペ室の外に出ることはできません。こうしたことを踏まえてオペ室への再就職が可能なのかあなたの身体と相談してみて下さい( ゚Д゚)

医師の介助を直接する看護師だったらオペが終わるまで離れることができません。

またうつで完治していない、薬を内服しながら再就職しようと思っている看護師さんの場合ですが、うつの治療に使われる薬ってボーっとする、集中力が低下するなどの副作用的な症状がありませんか?

そのような症状が出るような薬を内服している場合にはオペ中に体調が悪くなることも十分に考えられるため、オペ室への再就職を避けることをお勧めします。

看護師がボーっとしていてはいけません!

ブランクがあるけどオペ室の看護師として再就職したい!!じゃあ美容外科はどうですか?

ここまでは子育てによるブランクや病気によるブランクの看護師さんがオペ室の看護師として再就職をしたいという場合についてまとめてきました。

読んできた中で「私、オペ室へ再就職できない…(´;ω;`)」と感じた人がいたらごめんなさい(o*。_。)oしかしオペ室の看護師は医師との連携や判断能力が求められるところです。

少しは厳しいこと言わせてください(´◉◞౪◟◉)「それでもオペ室の看護師、したいんだけど」と思ったあなた、美容外科はどうですか?美容外科…それは女性がきれいになるところ(´・ω・`)「二重のぱっちりな目にしたい!!」「もっとグラマラスな身体にしたい!!」と美を追求している女性がオペを受けるところです。

美容外科のオペはクリニックの規模にもよりますが、麻酔がそれほど難しくないものが多くなっています。二重にする時だって局所麻酔、まあ脂肪吸引とかは全身麻酔ですが、病院のオペのように気管内挿管をするのかは微妙です。

オペの大きさや患者さんに与える影響は病院で行われているオペよりもそれほど大きくないことを考えるとブランクがある看護師さんでも比較的再就職しやすいです(´・ω・`)しかし美容外科に関しては美を追求するということが前面に出ているクリニックが多く、看護師さんを始め、受付のお姉さんたちがやたらとスタイルがいい美人さんばかりであることも知っておいた方がいいかも(´◉◞౪◟◉)

美容外科に関しては美を追求するということが前面に出ているクリニックが多いです。

まとめ

ブランクがある看護師さんがオペ室の看護師として再就職する時のことをまとめてみましたが、いかがでしたか?「やっぱり私には向いていない…」と思ったあなたも「それでもオペ室への再就職をしたい!」と思ったあなたもいるでしょう。

もしブランクがあるけどオペ室の看護師として再就職をしたいと思った時には転職サイトを利用してみて下さい(*'ω'*)転職サイトにはあなたが再就職先を見つけるために欲しい情報が多く集まっています。

また何よりも転職コンサルタントというあなたの味方が一緒に再就職先を見つけてくれるという強みがあります!「オペ室の経験がないけど大丈夫かな…」「子どもが小さいけどやっぱりオペ室で働きたい!」というようなあなたの希望を叶えてくれる再就職先を一緒に探してくれます(=゚ω゚)ノ

そして先に再就職している看護師さんから再就職先の様子がどんな感じなのかという情報を転職コンサルタントは集めていますので、リアルな様子を聞くことができます。こうしたことはあなたが再就職先を1人で探している時には分からないことですよね(´・ω・`)

こうした強みがある転職サイトでの相談、転職コンサルタントとのチームでぜひオペ室への再就職を叶えて下さい!!

転職サイトでの相談、転職コンサルタントとのチームでぜひオペ室への再就職を叶えて下さい!!

転職サイトランキングを見る