ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクがある看護師が仕事に復帰するって何したらいいの?

復帰への不安

ブランクがある看護師が仕事に復帰する時、どうしたらいいか気になりませんか?特にブランクが長くなってしまった場合、看護師の仕事に復帰したいと思ってもどんな仕事を選んだらいいのか、実際に何が仕事になるのか、仕事への復帰前に何をしたらいいのかなどいろんな不安があるものです(´・ω・`)

そんなあなたのために、ブランクがある看護師が仕事に復帰する時のポイントをまとめていきます(*^^)v

ブランクがある看護師が仕事復帰する時の就職先

ブランクがある看護師が仕事復帰する時の就職先には大きく分けると病棟・外来やクリニック・訪問看護ステーション・介護施設になります。これらの仕事内容の違いを見比べて、あなたに合った仕事を探してみましょう!

病棟の場合

ブランクがある方で病棟での仕事をしたいという場合、どの病棟を選ぶかによります。病棟には急性期・慢性期・終末期など幅広い種類があり、診療科も単科である場合、複数の診療科の患者さんが入院しているという混合病棟の場合があります(´・ω・`)

まずはあなたがどんな病棟で働きたいのかしっかりと方向性を決めましょう。そしてそれから条件に合った病棟へ就職できるように動きましょうね(^^♪

病棟に就職した場合、幅広い看護技術を学ぶことができます。採血や点滴はもちろん、外科系だったら周手術期の看護、内科系でも糖尿病などの専門性の高い疾患の看護についてなどを経験できます。病棟ならではだと点滴ポンプなどの医療機器の経験もできますよね。

専門性の高い技術の経験

ブランクがある看護師で病棟の仕事をしたいけど特にこだわりはないという方には、療養型の病棟をおすすめします。療養型は主に急性期の治療を終えた後も引き続き医療的ケアが必要な患者さんが入院しているところです。

そのため急性期のような高度な看護技術も必要としないが基本的な看護技術を実施できるということでブランクがある方でも比較的病棟の中では入りやすいのです(^^♪

外来・クリニックの場合

ブランクがある看護師が仕事復帰を考えた時に一番に思い浮かぶのが外来やクリニックの日中のみの勤務では。子育て中の方を始め、夜勤は負担が大きくてできないといった方でも看護師の仕事ができますよね(^_-)-☆

外来やクリニックでは主に医師の診察の補助が業務になります。他には採血や点滴などになりますが、もしブランクが長いなどで看護技術に自信がない…という方の場合、外来がおすすめです。病院の外来では採血は検査室、点滴は点滴室で行ってくれるところが多いため、看護師の仕事にこれらの仕事が入っていないことがあるからです(´・ω・`)

採血専門、点滴専門

外来やクリニック以外にも検診センターの健康診断や人間ドックで看護師として仕事をすることもできますよ!

介護施設の場合

「なぜ介護施設(。´・ω・)?」となりますが、介護施設はブランクがある看護師が仕事しやすいのでおすすめなのです(´◉◞౪◟◉)

介護施設は入居されている(通所されている)方が日常生活を送るところです。そのため、高度な医療的ケアを必要とする方はいません。看護師の主な仕事は健康管理になり、バイタルチェックや内服薬の管理、軟膏や湿布などの処置など簡単なものばかり。

そのためブランクがある場合でも比較的仕事に慣れるまで早いのです。また病院やクリニックなどの医療機関とは違い、日常生活のケアが多いのでお年寄りや入居されている方との時間を多く取ることができます(^^♪

「ブランクがあって看護技術には不安があるけど、話すのは大好き♡」「お年寄り、大好き♡」という方、看護師の仕事を選ぶ時に介護施設も候補に入れてみては(^^♪

バイタルチェックの時間

訪問看護ステーションの場合

「日勤だけの仕事をしたい(´・ω・`)」と考えている方、訪問看護はどうでしょうか?訪問看護は自宅で生活している方に対して医師の指示の上で看護処置を行うことです。

基本的には日中だけになりますので、日勤だけの仕事を探している方にもおすすめです。しかし中にはオンコール体制を取っている訪問看護もあります。オンコールの場合は夜間や休日の訪問看護が休みの時に緊急時のコールを取り、必要時に訪問することもあります('ω')ノ

真夜中の緊急電話

その場合は、夜間や休日の対応ができる体制を持てるようにしておく必要があります。また訪問看護は1人で訪問し、様々な看護処置を行います。そのため、看護技術を身に付けておく必要があります。

ブランクがある場合、看護技術に不安を持つでしょう。もし訪問看護を希望する場合には再就職セミナー等で看護技術の復習し、就職してからのフォロー体制がしっかりと整っているところを選択するようにしましょうね(*'ω'*)

ブランクがある看護師が仕事復帰する時のポイントは?

ブランクがある看護師が仕事復帰する時のポイントには何があるのでしょうか(。´・ω・)?仕事を選ぶ時のポイントや仕事を始めるまでにしておくことについてブランクの理由別にまとめていきますよ~。

子育てのためにブランクがある看護師の場合

妊娠や出産を機に子育てに専念する、と看護師の仕事を辞めたあなたの場合、仕事復帰をする時には子供の年齢によっても仕事を選ぶポイントが変わってきます。もちろん、ブランクの期間も大きく関係しますよ( ゚Д゚)

子供が未就学児の場合、日勤ベースの勤務ができる看護師の仕事を選びますよね。中には「病棟での交代勤務をするよ~」というケースもありますよね(´・ω・`)

日勤ベースでも夜勤をする交替勤務の場合でも、子供の預け先をしっかりと確保しましょう。そして風邪などを引いた時に誰が子供の対応をするのかもはっきりとしておくことが必要です(。-`ω-)これをしておかないとせっかく仕事に復帰したのに休んでばかり…お互いに気まずい雰囲気になりますよね|ω・)

ママさん看護師同士の相談

今は病後児保育が併設されている病院が多くなってきていますのでそうしたところを仕事先に選ぶのも手です。また地域内の病後児保育やファミリサポートを登録しておくのも安心材料です。

病気などによるブランクがある看護師の場合

最近はうつ病などの心の病気で悩む方が多くなっています。また何らかの理由でけがをした、病気をしたということで一旦看護師の仕事を辞めたけれどもまた復帰したいという方もいますよね(´・ω・)

そうした病気やけがなどによるブランクがある場合には、まずは自分の身体を一番に考え、負担にならない仕事を選ぶようにしましょう(*'ω'*)せっかく仕事を始めても身体に負担がかかってしまい、辞めなければならなくなるとなったらつらいですもんね。

病気やけがなどによるブランクから仕事復帰される方の中では介護施設を選ぶ方が多くいます。しかし選ぶ際には看護師が複数在籍していること、介護業務を看護師が常に行っていないところを選ばなければ逆に負担になってしまいますよ(´◉◞౪◟◉)

介護ヘルプを頼まれる

ブランクがある看護師が仕事復帰する時には再度学習をしておく

ブランクがある看護師の場合、仕事をしていた時のカンを取り戻すまでに時間がかかります。また医療業界は常に進歩を続けていますので以前看護師として仕事をしていた時の知識では不十分です。そのため、ブランクがある看護師が仕事を始める時には再学習が必要です(。-`ω-)

まずはお近くの地域で看護師向けの再就職セミナーが行われているか確認してみましょう。再就職セミナーでは看護技術の実習の他、点滴ポンプなど医療機器の実習、最新の医療についての講義などがあります(´・ω・)

また実際に病棟や外来など希望する施設での勤務実習をしているところもあります。ブランクがあるなど同じ境遇の方たちが集まる場にもなりますので情報交換もできますよ!

また知識の再確認、新しい医療の知識を身に付けるために看護学生向けの雑誌を読むのもおすすめですよ。学生向けであるため、内容も分かりやすく、基本的な看護技術の解説をしているものもあります。

看護ジャーナルでお勉強

看護学生向けの雑誌の別冊で看護技術を特集したものや、看護師としての基礎知識がまとめられたものもあります。これは仕事を始めてからも役立つものですので1冊持っていてもソンはしませんよ(。-`ω-)

まとめ

ここまでブランクがある看護師の仕事についてまとめてみましたが、いかがでしたか?ブランクがあるというだけで仕事へ復帰するのを躊躇してしまう気持ちもよく分かります('ω')ノそして「ブランクがあっても働けるのかな…」と思っている方もいますよね。

そんなあなたにピッタリなのが転職サイトを利用しての仕事復帰です。転職サイトは転職する時だけじゃなく、ブランクがある看護師の仕事復帰にも向いているんですよ(^_-)-☆

なぜなら、転職サイトに登録するとあなた担当の転職コンサルタントがついてくれます。そしてあなたに代わって仕事をしたいと思った先の担当者との連絡を取ってくれ、なかなか聞きづらいことも聞いてくれます!

そして先に仕事を始めた方からの実際の職場の雰囲気などを聞いていますので、仕事をしている姿を想像することができますので安心。

ブランクがある看護師で仕事を探している、仕事復帰したい方はぜひ転職サイトを利用して下さいね!

看護師転職サイトにご相談を!

転職サイトランキングを見る