ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクがある看護師が就職する時ってどうなの?

ブランクがある看護師が就職する時ってどうなの?

ブランクがある看護師が就職する時ってどんな感じなのか気になりませんか(。´・ω・)?ブランクがある看護師には様々なブランク理由がありますが、就職する時にどんな就職先を選ぶのか、何について気にしながら就職活動をするのか…不安がいっぱいですよね(´・ω・)

そんなブランクのある方に対して、様々な角度からブランクのある看護師の就職についてまとめていきますね(´艸`*)

ブランクのある看護師の就職【就職先編】

ここではブランクのある看護師の就職の中でも就職先についてまとめていきます。ブランクのある方でも就職をしやすいところやそうでもないところなどをまとめていきますよ(´・ω・`)

ブランクのある看護師の就職で病棟を選ぶ時

ブランクがある看護師の就職で病棟を選ぶ…すごいですね(´艸`*)その選択、大丈夫ですか?本当にやっていけますか(。´・ω・)?

「じゃあ夜勤をして少しでもお金を稼ぎたいんだけどどうしたらいいんだよ(。-`ω-)」と思っている方、ごめんなさい(´・ω・)

ブランクがある方におすすめの病棟は、療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟のようなところです。これらの病棟は高度な看護技術を要さない場合が多いので、ブランクがある方でも比較的入りやすいのが特徴です。

しかし中には神経系の難病患者さんを対象としている療養型病棟もあり、そうしたところでは人工呼吸器を装着しているケースもありますので、しっかりとどんな患者さんが入院しているのか確認してからの就職をおすすめします(*´з`)

「それでも急性の病棟がいい( ゚Д゚)」という方、しっかりと先輩看護師がフォローしてくれるところへ就職しましょう!!

中途入職の看護師に対してのフォロー体制ができている病院を選べば、ブランクがあっても安心です(*´з`)できれば新卒と同じようにしばらくプリセプター体制を取ってくれる病院がおすすめですよ~。正直忙しすぎて誰もフォローしてくれない((´;ω;`)というところもありますので就職をする際にはしっかりと見極めましょう(*^^)v

ブランクがあっても本当にやっていけるの?

ブランクのある看護師の就職で外来やクリニックを選ぶ場合

ブランクのある看護師の中には、「日勤だけがいいんだ~(´◉◞౪◟◉)」「夜勤は身体が持たない(´;ω;`)」という方もいますよね。

そうした方におすすめの就職先が病院の外来やクリニックです。この2つ、何が違うのかというと看護師の業務内容です。「同じじゃないの(。´・ω・)?」と感じたあなた。実は違いがありますよ~。

まず病院の外来です。外来に来た患者さんの診察の補助が主な業務ですが、病院という特性で採血や点滴は検査室で対応してくれます。そのため看護師は患者さんの診察前の血圧測定や問診が主になります。

クリニックでは検査室を別に持っているところはそうそうないので、診察の補助の他、採血や点滴なども行っています。もちろん血圧測定や問診もしています。血圧測定は「そこの血圧計で測っといてね(`・ω・´)ゞ」というところもあります。

ということで何が言いたいのかというと、病院の外来は採血や点滴を看護師がすることが少ないため、ブランクで看護技術に不安を感じている方でもそれほど難しくないクリニックは採血や点滴をすることがあるため、就職前にしっかりと技術の確認をしておくことが必要、ということです。

クリニックor外来

ブランクのある看護師の就職で介護施設を選ぶ時

「もうさ~就職できないじゃん(´;ω;`)」となっている方、安心してください!ブランクのある看護師でも就職におすすめのところがあります。そしてそこでは看護師というだけで「ありがたや~」とされるところなのです。

「そんなにおいしい話、ないでしょ(´◉◞౪◟◉)」となりますが、実は介護施設では看護師不足に悩まされている(もちろん介護も足りないYO)ことで、ブランクがあるとしても看護師だったらOKの世界です。

介護施設での看護師は、入居されている方の健康管理が主な仕事です。バイタル測定や褥瘡の処置、経管栄養、湿布や軟膏処置、内服薬の管理などです。もし体調が急変したとしてもほとんどの介護施設では嘱託医がいますのでその先生に連絡し、対応するだけです。

そして介護施設のポイントは「生活をする場」となっていることです。病院のように治療をする場ではないので、どちらかというと看護師としての仕事よりも日常生活の支援が大きくなってきます。なのでブランクがある看護師でも十分にやっていけます!

落ち着いた雰囲気の中で看護師として活躍したい方におすすめですよ(*´з`)

ブランクなんて関係なし!

ブランクのある看護師の就職で訪問看護ステーションを選ぶ時

ブランクのある看護師が就職する際、日勤だけを希望する場合は訪問看護を選ぶこともあります。訪問看護は在宅生活をしている方の自宅へ看護師が訪問し、医師の指示の看護処置などを行うものです(´・ω・`)

基本的には日勤のみの勤務ですが、訪問看護ステーションによってはオンコール体制を取ることもあります。オンコール体制は夜間患者さんからの呼び出しの電話に対応し、必要時には自宅へ訪問し、看護処置をすることです。

また日中も夜間も訪問する場合は1人での訪問になりますので「○○に自信がない」ということは言えません。そのため、1人で訪問するまでに看護技術などのスキルをしっかりと身に付けておくことが必要です(´◉◞౪◟◉)

「自信がない」は問題外!

日中だけなどの勤務条件は良いことが多いので、1人で訪問するというのが厳しい感じですが、それでも訪問看護をしたい(´・ω・`)という方の場合、ブランクがあっても独り立ちできるまでしっかりとフォローしてくれる訪問看護ステーションを選択しましょう(*'ω'*)

ブランクのある看護師の就職【就職前にしておくこと編】

ここまでブランクがある看護師の就職先について3つのパターンに分けてまとめてきました(`・ω・´)ゞどこかいいところ見つかりましたか?次は就職する前にしておくことについてまとめていきますね(^^♪

まずは基礎知識を復習しておく

ブランクがある方が就職する時には、どんな就職先を選ぶにしても基礎知識は再学習しておきましょうね(。-`ω-)学生時代の教科書を見るのもOKですが、ブランクの年数によってはその間に医療は進歩していますので時代遅れの知識になるかも…

そこでおすすめなのが「看護学生向けの雑誌」です。毎月発行されている看護学生向けの雑誌は基礎知識はもちろん、最新の医療などについても掲載されています(´・ω・`)例えば点滴の管理の仕方でも昔(失礼)と今はだいぶ違います。

手っ取り早く最新の看護技術を含む知識を身に付けたいのであれば、看護学生向けの雑誌がおすすめ!

知らないことだらけ!

再就職セミナーに参加する

他にも再就職セミナーに参加するという方法もありますよ~。再就職セミナーは看護協会やナースセンター、病院などが開催しています。規模によっては急性期のセミナーや療養型のような慢性期向けのセミナー、介護施設で行うセミナーもあります。

再就職セミナーでは看護技術の再確認をします。採血や点滴などの基礎的な看護技術の確認から点滴ポンプなどの医療機器についての講義や実習などがあります。

他にも最新の医療についての講義もあります。子育て中の方向けの座談会をしていることも(^^♪あなたの近くでどんな再就職セミナーが行われているのか、要CHECK!

どんな再就職セミナーが行われているのか、要CHECK!

まとめ

ここまでブランクのある看護師の就職についてまとめてみましたが、どうでしたか?ブランクがある看護師のあなたにとって何か有意義な情報はありましたか(。´・ω・)?

ブランクがある方の就職はとても不安が大きいものです。そして「どんなところで働けばいいのかな…」「時間に制約があるんだけど…」など様々な条件が就職する時に関わってきます(´・ω・`)

そうした条件を満たす就職を成功させるのはすごく難しく、疲れてしまいます。そしてなかなか時間がなくて就職を探すのも一苦労…なんてことも。

しかし転職サイトを利用することでこれらの悩みは解消されます(^_-)-☆転職サイトに登録をすると担当の転職コンサルタントが付いてくれます。そしてあなたの代わりに条件に合った就職先を探してくれます!

メリットはそれだけじゃありません!聞きづらいこと、ありますよね。給与のことや人間関係、ブランクがあってもやっていけるのかなどなど。これもあなたの代わりに気になる就職先に聞いてくれます。そして先に転職サイトを利用して就職した方から実際の様子を聞いてくれるのもポイントです(^^♪

ぜひ転職サイトを利用してブランクのある看護師でも就職を成功させましょう!!

お気軽にご相談ください!

転職サイトランキングを見る