ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

看護師はブランクが1年だったらまだまだ取り返せます!

日々発展する医療についていけない

医療現場は日々発展しています。それに合わせて看護師の知識や技術も新しいものが増えていきます。そのような環境の中、ブランクが1年ある看護師が復職する時にはとても不安が大きくなってしまうものです。

しかしブランクの期間が1年であればすぐに取り戻せます。しかしブランク前の経験が短ければすぐに取り戻すことができないかもしれませんが…

看護師のブランクが1年あるが病棟に就職する場合

ブランク前は病棟で勤務していた

1年のブランク前に病棟で働いていた看護師がまた病棟に再就職する場合には、比較的スムーズに看護業務へ入っていけます。1年ではそれほど医療の変化はありません。

また採血や点滴などの手技も変わらないでしょう。変わるところとしては採血や点滴などに使用する針などの変更くらい!?その位の変化であれば身体が覚えている技術で十分対応できます。

ブランクが1年であればスムーズに看護業務が実施できると言っても過言ではありませんが、ブランク前に何年看護師として働いてきたのかも関係してきます。

もし経験が1~3年であれば完全に看護師の業務を覚えていたわけではないと言えるので1年のブランクでも不安になるかもしれません。一方それ以上の経験があれば1年のブランクでも気にせずに即戦力として働けるのではないでしょうか。

即戦力としてお仕事再開

ブランク前はクリニックや病院の外来で働いていた

ブランク前にクリニックや病院の外来で働いていた場合の病棟への再就職はどうでしょうか。クリニックや病院の外来では病棟で行うような看護技術をする機会はあまりありません。

そのため病棟に再就職した時は看護技術のスキルを身に付ける必要があります。外来から病棟に異動してきた看護師を見ていると採血や点滴が検査室や点滴室での対応だったため、経験が圧倒的に少ないケースが多かったです。

そのため看護技術に対する不安が大きく、新卒を対象とした看護技術の研修会に参加していました。また同僚看護師の腕を借りて採血などの練習をしていましたよ。

看護師経験があるのに採血できない

ブランク前は介護施設など病院以外で働いていた

ブランク前に介護施設などの病院以外で働いていた場合、1年のブランクを経て病棟へ就職した時はどのような感じなのでしょうか。きっと慣れるまで大変ですよね。

そして介護施設よりも病院の方は医療ニーズが高いことや病院によっては最新の医療を取り入れているところもあり、その知識を付けること、技術を付けるのに時間がかかります。

しかし医療に関すること以外であれば介護施設でも看護業務を行っていたわけなので病院でも同じように対応できるでしょう。またお年寄りが多い病院であれば介護施設での経験はとても役に立つと思います。

介護施設経験者としての強みを活かす

看護師のブランクが1年あるがクリニックや外来に就職する場合

ブランク前は病棟で働いていた

ブランク前に病棟で働いていた経験があるなら、クリニックや外来での勤務もスムーズに入ることができます。ただし、そのクリニックや外来が今までに経験してきた診療科目であればですが…

例えば小児科での経験があるが整形外科のクリニックや外来に就職した時は何もかもが新しいものになるため戸惑いが大きくなるでしょう。そして慣れるまで時間がかかります。

看護技術に関しては対象者が子供から大人に変わっただけであり、むしろ子供の細い血管に刺すよりも簡単にできるかもしれません(笑)また元気な患者さんが多く、通いなれている患者さんなら「新しい看護師さん」としていろいろと教えてもらえるのもうれしいポイントです。

採血しやすい患者

ブランク前はクリニックや病院の外来で働いていた

ブランク前にクリニックや病院の外来で働いていた場合にクリニックや病院の外来に再就職する場合にはブランクを感じさせることなく再就職が可能です。ただし、診療科目の違いがあれば慣れるまで大変ではありますが…例えば整形外科から小児科のように。

診療科目の違いは慣れるまで大変ですが、内科から内科のようにそれほど診療内容に変化がない、診療の補助をするにもそれほど技術を要さないようなケースではスムーズに業務に入っていくことができます。

分からないことは一緒に働く看護師に確認をしながら行っていくことで対応が可能になります。また患者さんとの関わりもブランク前の経験を生かすことができますよ。

ブランクからのスムーズな復帰

ブランク前は介護施設など病院以外で働いていた

病院以外の介護施設などで働いていた看護師がクリニックや外来へ就職した時、最初は戸惑いがあるでしょう。またゆっくりと関わることができる介護施設とは違い、外来患者さんの数はとても多くバタバタと過ぎていきます。その流れに慣れるまで大変かもしれません。

患者さん多すぎ

クリニックはどちらかというと病棟のような看護技術を必要としないところが多いです。採血や点滴などの基本ができればクリニックでも看護師として頑張れます。また今の外来では採血室や点滴室のようなところがある病院が多いため、もしかしたら外来では血圧測定や医師の診察補助のみかもしれないですね。それであれば介護施設での看護師経験は難なく業務をすることができるでしょう。

看護師のブランクが1年あるが介護施設へ就職する場合

ブランク前は病棟で働いていた

介護施設ではこのような看護師を求めます(笑)介護施設とはいえ、今は医療ニーズの高い人が多く入所しています。その時に病棟経験がある看護師が就職してくれると介護職を始めスタッフが「お~!」と喜びます。それだけ看護師の存在はありがたいものなのです。

また病棟経験をしていると入所者の体調変化などに気付き、すぐに対応することができます。また転倒した。どこかにぶつかったなどという時にも病院への受診が必要かどうかなどを的確に判断してくれます。

ブランクが1年あっても介護施設では特にブランクを感じさせるような場面は出てきません。

ハイスペックな看護師

ブランク前はクリニックや病院の外来で働いていた

介護施設ではクリニックや病棟の外来で働いていた看護師が再就職することがしばしばあります。その場合、意外とすんなり働けていることが多いです。

また内科のクリニックや外来で働いていた看護師は高齢者との関わり経験も豊富なため、高齢者とのコミュニケーションもスムーズに行えています。

「あの新しい看護師さん、話を聞いてくれていい人だね」と言われていることもあります。クリニックや病院の外来ではあまり看護技術を要することがありませんが、介護施設も同じような感じです。

介護施設の看護師、ミス人気者

何か不安があれば医師と相談しながら連携先の病院へ受診させることも可能ですのでそれほど心配いりません。そしてクリニックや病院の外来で医師との関係性が構築できていた人は介護施設でも同じように医師との関係性が構築でき、医師からの信頼も得ることができますよ。

ブランク前は介護施設など病院以外で働いていた

ブランク前に病院以外で働いていた場合でも介護施設に就職した時にブランクを感じさせることはないです。介護施設では施設の方針によって変わってきますが、それほど高度な看護技術を要することはありません

やはり採血や点滴ができればOKかと。あとは胃ろうなどの経管栄養の知識を持っていること、褥瘡など皮膚トラブルなどの知識を持っていることが必要かもしれません。

介護施設は体調が悪くなった際に協力医療機関へ受診することも多く、介護施設で医療処置をすることはあまりありません。そう考えるとブランクが1年ある、就職する前は病院以外で働いていたということではブランクを感じさせない働きができます

ブランクを感じさせない働き

まとめ

ここまで看護師のブランクが1年ある場合の再就職についてまとめてみましたがいかがでしたか?ブランクが1年というのは思ったほど大きいものではないかもしれません。日々の看護業務をしていくうちに取り戻せるくらいのブランクと言っても過言ではなさそうです。

またブランクが1年あって病棟で働くのは不安かな…と思っている人、もともと看護経験が短く不安…という人様々な不安を持っている人は就職する前に転職サイトを利用して就職先を探すのはどうですか?

自分自身で就職先を探すとなると時間もかかります。また希望する条件に合っているか、ブランクを感じさせないように働けるのかなど色々なことが気になっている状態になります。

その時に転職サイトに登録すると担当の転職コンサルタントが一緒に就職先を探してくれます。自分で探すよりも多くの病院やその他の就職先の情報を得ているため、自分の希望条件により合った就職先を見つけることができます。

また先に就職している看護師から就職先の様子や雰囲気を聞いているため、自分で知ることができないような内部の情報を教えてくれるのも転職コンサルタントの強みです。

もし就職先に迷っている、希望条件が多くて就職先が決まらないと悩んでいる時はぜひ転職サイトを利用してみて下さいね。

希望条件の多いあなたもご相談を!

転職サイトランキングを見る