ブランクのある看護師さん向けの転職サイトは?

ブランクがある看護師が産婦人科に再就職する時ってどんな感じ?

ブランクがある看護師が産婦人科に再就職する時ってどんな感じ?

ブランクがある看護師さんが再就職先を探している時に魅力的な求人内容の産婦人科があったら、再就職を考えますよね(´◉◞౪◟◉)再就職先の産婦人科が出産を扱っているのかどうか、クリニックなのか病院なのかで考え方は変わってきます。

またブランク前に産婦人科の看護師経験がある、他の科での経験がある、ブランクの期間が長い…などなどいろんなことが関係してきます。産婦人科への再就職を検討する時には何を考えていけばいいのか、ブランクの期間は関係あるのか、ブランク前の経験は関係あるのかなどを一緒に考えていきましょう。

産婦人科にブランクのある看護師が再就職した時、どんな業務をするの?

産婦人科は大きく分けて2つに分けられます。出産を取り扱っているのか取り扱いなしなのかということです。また産婦人科が病院なのかクリニックなのか、夜勤があるのかないのかなどでも業務内容は変わってきます(´・ω・`)

まず産婦人科は「産科」「婦人科」に分けられます。産科は妊娠から出産までの看護を行うところ、婦人科は女性特有の疾患の看護を行うところになります。

産科では主として助産師が働いています。助産師は産科におけるスペシャリストです。もし出産を扱っているクリニックや病院であれば助産師のサポートをするのが産科に配属された看護師の主な仕事です(`・ω・´)ゞ

また産婦人科と呼ぶくらいなので、入院患者さんは出産をする健康な人から婦人科疾患で手術をするなどの治療を受けている若い人から高齢者まで様々です。

そして出産を扱っている産婦人科での夜勤は出産があればそのサポートをしながら婦人科の患者さんの看護も行うというハードな業務となっています(。-`ω-)助産師さんの数にもよりますが…

患者さんの年齢層は幅広い!

ブランク前に産婦人科の経験がない看護師が再就職する場合

ブランク前に産婦人科以外の経験しかなく、今回初めて産婦人科の看護師として再就職する看護師さんの場合はまず産婦人科の勉強をするようにしましょう。

まず産婦人科の勉強をするようにしましょう。

特に出産を取り扱っているクリニックや病院の場合には妊娠から出産に関する知識が大切になってきます。併せて生まれてきた赤ちゃんに対する知識も必要になりますので勉強する範囲はとても広いものになります(´・ω・)

婦人科の疾患に関しても勉強が必要なのですが、内科や外科に比べたら範囲はそれほど広くありません。しかし安心は禁物です!!婦人科は手術もあります。また婦人科に関係するがんなどであれば抗がん剤をするなどの内科的な治療もあります(`・ω・´)ゞ

範囲はそれほど広くなくても内容的には濃いものが求められます(´◉◞౪◟◉)これは産婦人科だけではないのですが…内科や外科の経験があればそれほど難しくはないでしょう(‘ω’)

また出産を取り扱っていない産婦人科であればきっと婦人科が主になりますので婦人科の勉強をしておけばOKです|ω・)しかしですねえ、出産を取り扱っていなくても妊婦検診はしていますよ~というクリニックや病院もあることを知っておきましょう。

もしそうしたクリニックや病院へ再就職した時、外来へ配置された時には妊婦さんに関する知識も必要です!でもほとんどの妊婦さんは健康体ですので、どんな時がすぐに医師に報告するのかなどのポイントを押さえて学習しておきましょうね(/・ω・)/

ブランク前に産婦人科の経験がある看護師が再就職する場合

「はいは~い、私産婦人科の経験がありますわよ(*´з`)」という看護師さん、産婦人科へ再就職するのも不安がなさそうです(´◉◞౪◟◉)しかし、産婦人科の経験があってもどのくらいの経験なのか、ブランクはどれくらいかということは再就職の時に関係してきますわよ(´◉◞౪◟◉)

出産を取り扱っているクリニックまたは病院での経験がある看護師さん、特に勉強することはなさそうですが今一度再就職前には産科と婦人科の勉強はしておきましょうね(/・ω・)/

産科では取り扱っている出産方法に違いがあるかもしれません。例えば無痛分娩やアクティブバースなどなど。その産婦人科の医師や助産師さんの考え方によっても変わってくるのがこの部分です。

看護師さんだったら出産に直接関わることはあまり多くありません。しかーし、夜勤の時は助産師さんの人数も減るため看護師さんがフォローに入りお腹のモニターを付ける、器具の用意をするなどの動きをします(。-`ω-)その時に「分かりませ~ん☆(ゝω・)vキャピ」とは言ってられませんよ!しっかりと復習しておきましょうね(`・ω・´)ゞ

分かりませ~ん☆とは言ってられません。しっかりと復習しておきましょう。

まとめ

ここまで産婦人科へ再就職する看護師さんについてブランク前の経験別に分けてまとめてみましたが、いかがでしたか?(。´・ω・)?産婦人科は内科や外科などの一般的な診療科とは違い、女性を対象としている特殊な診療科ですよね(。-`ω-)

また妊娠・出産のような生まれるところから高齢者までを対象とするとても幅広い年齢層を看護するという診療科でもあります。そうした診療科への再就職は大変そうですが、やりがいもあります|ω・)

もし「産婦人科の経験がないけどやってみたい!」「ブランク前に産婦人科で働いていたけどその時の楽しさが忘れられない!」という看護師さんがいたら再就職を検討してみてはいかがですか(。´・ω・)?

再就職先を探す時にはぜひ転職サイトを利用してみて下さい!転職サイトでは転職する時だけではなく、ブランクがあるけど再就職をしたいというあなたにピッタリでとても役立つものです(´・ω・`)

何だって( ゚Д゚)と思ったあなた、転職サイトには転職コンサルタントというあなたのための担当者がついてくれます。そしてブランクによる不安や希望する働き方やお給料などなどの様々な相談をすることができます(*^^)v

親身に相談に乗ってくれると共にその希望に合った再就職先の産婦人科を見つけてくれます(⋈◍>◡<◍)。✧♡なかなかお給料とか人間関係って聞きづらいことじゃないですか?

しかし転職コンサルタントはその産婦人科へ先に再就職した看護師さんから実際の中の様子を聞いています。そのためより具体的にイメージすることができるんですよ!

再就職先を探す手間も少なくなり、自分の希望も叶う再就職先を見つけてくれる転職サイトを利用しない手はないでしょ(´◉◞౪◟◉)ぜひ転職サイトを活用して充実した看護師の仕事ができる産婦人科の再就職先を見つけて下さいね(´艸`*)

ぜひ転職サイトを活用して充実した看護師の仕事ができる産婦人科の再就職先を見つけて下さい。

転職サイトランキングを見る